白血球~ばい菌と戦う兵隊!

内科

熱が長引いて病院やクリニックを受診した時に血液検査を受けたことある人がいらっしゃると思います。

私も、明らかに風邪と考えていれば血液検査を実施することが少ないですが、何らかの病態の存在の確認や経過をフォローするためにしばしば血液検査を実施しております。

当院を受診した患者の中にも白血球数やCRPの話を聞かされた人がいると思いますので解説します。

白血球とは?

白血球とは血液の工場である骨髄中で作られる血液細胞です。細菌やウイルス、カビなどから私たちの体を守ってくれる兵隊の役割をしております。

白血球数の正常値

だいたい 3,500~9,500/μLくらいが正常値です。しかし、普段から3,000/μL未満の方もいらっしゃるし、10,000/μLを超えている方もいます。白血球の数と原因、重症度などが一致する訳ではないので、その解釈が難しい時もあります。

普段が3,000/μLの方であれば8,000/μLくらいまで上がっていれば何らかの病態の現れなのかもしれません。

発熱や炎症が起こっている時には白血球数が変化することが多いので、何らかの病態の存在を疑うに役立ちます。

白血球の種類と役割は?

白血球にはいくつかの種類があり、それぞれ役割が異なります。

顆粒球

細胞の中に殺菌成分のある粒々が入っている白血球です。

単球・マクロファージ

殺菌、リンパ球に敵や腫瘍の存在を知らせてリンパ球の活動を助けます。単球は血管外に移動すると、マクロファージと名前を変えます。

リンパ球

リンパ球は、さらにB細胞、T細胞、NK細胞などに分けられます。これらはチームをつくってウイルスなどの病原体やがん細胞などを攻撃します。さらに、体内に侵入した異物を記憶し、その異物が再び侵入してきたときにすばやく対応し、排除します。

白血球数が増加

一般的な細菌感染では、増加していることが多いのですが、細菌感染が重症化すると逆に低下してきます。ウイルス感染であっても増加することがあります。

病歴や身体所見などを組み合わせて把握する必要があります。他の血球(赤血球や血小板)の数の把握も重要です。

白血球数が低下

ウイルス感染や重症の細菌感染症、お薬の影響など様々な原因で白血球数は低下します。他の血球成分の確認も重要です。

先日、数日前からの発熱を主訴に来院された患者さんが受診され、血液検査を実施したところ、全ての血球が低下しておりました。全ての血球が低下している場合には、血液の工場である骨髄に異常がある可能性があります。結局は白血病という診断でした。

まとめ

白血球数は発熱や炎症を起こしている時には何らかの病態が存在しているかどうかを疑うために役立つ検査です。

病歴や身体所見、他の血球成分と合わせて考えるとさらに有用な検査です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました