マスクが危険

感染症

いま、マスク着用がデフォルトのような状況となっていると思いますが、日本小児科以下から注意喚起が出ました。

2歳未満の子どもはマスク着用は不要、むしろ危険!

・乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸や心臓への負担になる
・マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる
・マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
・顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れるなど乳児に対する影響が心配されます。

現時点では、子どもは感染することが少ないことがわかってきています。小児の重症例や呼吸不全の症例はほとんどいません。

米国疾病予防管理センター(CDC)やアメリカ小児科学会も2歳未満の赤ちゃんにマスクは危険であると警告しております。

中国では、マスク着用下で運動した中学生の死亡例が出ております。

マスクつけてジョギング 注意点を専門家が指摘 新型コロナ

マスクを着用して運動し始めて、苦しくなったら外して休んでください。マスク着用より優先することがたくさんあります。

赤ちゃんのマスク、マスク着用をしての運動の他にもリスクがある状況は多々あると思います。こういった情報をキャッチしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました