スマホからのブルーライトがダメな訳

環境

みなさんは眠る前にスマホを触っていませんか?ステイホームでスマホをいじる時間が増えていると思います。

スマホは情報の無限の泉です。超エリート達が一般人を虜にさせるために日夜努力をし続けています。ちょっとやそっとではその魅力から抗うことは難しいと思います。

スマホからは大量のブルーライトが発せられています。他にも液晶テレビ、LED照明、太陽光にもブルーライトが含まれています。

日常にありふれているブルーライトですが、健康被害を引き起こすことがあるのでその付き合い方には注意が必要です。

ブルーライトのことをあまり知らない方もいると思うので、その健康被害をまとめました。

本記事の内容

・ブルーライトによる健康被害
 ー目への影響
 ー体内時計への影響
 ーメタボリックシンドロームへの影響
 ー発がんへの影響
・健康被害を考えるならスマホを控えるかNight Shift

ブルーライトによる健康被害

目への影響

ブルーライトは、ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

加齢黄斑変性や白内障、眼精疲労やドライアイ(VDT症候群)を引き起こす可能性があります。

DVT症候群

パソコンや携帯電話、さらにはスマートフォンやタブレット端末など、さまざまな「表示機器」=「VDT(Visual Display Terminal)」を長時間使うことによって起こる病気です。最近、ブルーライトとの関連が示唆されております。

厚生労働省のガイドラインでは「1時間のデジタルディスプレイ機器作業を行った際には、15分程度の休憩を取る」ことが推奨されています。

ブルーライトハザード

ブルーライトを長時間見続けることで生じ得る健康被害の危険を指す言葉です。網膜の損傷(青色光網膜傷害)を指すようです。

ブルーライト研究会からブルーライトハザードの危険性が指摘されておりますが、どれくらいのブルーライトをどれくらい浴びるとどのような症状を呈するといったことまでは正確にはわかっていません。

ブルーライトハザードめぐる論争でブルーライト研究会がコメント

ブルーライトは体内時計をコントロール

ブルーライトは、睡眠ホルモンである「メラトニン(眠たくなる作用)」の分泌を抑制し入眠を困難にする可能性があります。

逆に、朝に十分な太陽光のブルーライトを浴びて、しっかり覚醒することで体内時計をしっかりと安定すると言われております。日中の疲労や眠気を改善する効果があると言われています。

日没後にスマホからブルーライトを浴びると、メラトニン分泌を抑え、睡眠サイクルに変調をきたす可能性があると言われています。寝つきが悪くなったり、不眠症の原因にもなったりします。

ブルーライトカットメガネを眠前3時間使用することで睡眠の質が改善されたという研究もあります。Chronobiol Int. 2009 Dec;26(8):1602-12.

メタボリックシンドロームへの影響

ブルーライトによって体内時計が乱れると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きが低下し、糖尿病のリスクを高めます。

また、朝、太陽の光を浴びて副交感神経が高まると血圧が上昇し、夜になると血圧が低下するといった、血圧のリズムにも乱れが生じます。

体内時計の乱れによって、体温や血圧、血糖値、ホルモンのリズムに影響し、糖尿病や高血圧、心筋梗塞といったメタボリックシンドロームのリスクを高めると言われております。

発がんへの影響

夜間勤務の多い看護師や国際線の乗務員のように、体内時計が乱れやすい職場で働く女性の場合、乳がんの発生率が高いことがわかっています。

2007年には、WHOの関連機関である国際がん研究機関(IARC)が「サーカディアンリズム(体内時計)を乱す交代勤務」を、おそらく発がん要因(表2の2a)である認定しております。

健康被害を考えるならスマホを控えるかNight Shift

寝る前はスマホを見ないようにするのが確実ですが、iPhoneでいうとNight shiftを設定するとブルーライトをカットしてくれます。でも、画面が黄色っぽくてイヤだというヒトもいます。それならスマホをちょっと控えるしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました