kobakoba

内科

私、鉄不足かしら?

「立ちくらみがする!めまいがする!なんとなくだるい!」 「私は、貧血じゃないかしら?」 さて、これから、どうしましょうか?貧血の判断は血液検査をしてみないとわからないことも多いです。 本記事では、どんな時...
小児科

猛暑の皮膚トラブル「あせも」

赤ちゃんの体に赤いブツブツができて、かゆがるという相談が増えております。北海道も蒸し暑くなってきて、汗をかくことが多くなり、「あせも」の症例が増えてきました。「あせも」は医学用語では汗疹(かんしん)と呼びます。 今日は汗によ...
小児科

子どもが発熱~病院に行くか迷ったとき

あなたの子どもが熱を出しました。 病院を受診する?しない? 迷わずに受診してもよいと思いますが、新型コロナウイルスの感染がまだくすぶっている状況ですし、Stay homeが呼びかけられ、症状が軽ければ自宅でみてくださいと言われ...
感染症

「お兄ちゃんはB型肝炎ワクチンを打ってない」

B型肝炎ワクチンあるあるです。 予防接種外来で、下のお子さんの母子手帳をみるとB型肝炎を接種しているのに、上のお子さんは打っていないというギャップを見かけることがあります。 果たして打たないままでもよいのでしょうか? ...
感染症

【推奨】集団生活をする前に髄膜炎菌ワクチン

みなさんのお子さんが大学入学や就職で寮に入ったり、集団生活をおくったりする可能性があると思います。そんな時に発症する可能性のある病気です。 その日の朝は元気だったのに翌日に死亡する命を落とす可能性があるのです。考えたくもあり...
アレルギー

鼻汁好酸球検査であなたの鼻汁の原因がわかるかも

花粉症で辛い思いをしている方 毎年ある時期になると鼻汁やくしゃみが止まらない、一年中鼻汁がでるといった症状でお悩みの方がいると思います。 花粉症だと思うけど、きちんと検査はしたことがない。そんな方に鼻汁の検査はお手軽に...
感染症

おたふくかぜワクチンを打とう

「おたふくかぜは軽いって聞くし、ワクチンは自費だから打たないでおこっかなー。でも、打っている人もいるし、どうしよう。」って考えてるお母さんも多いと思います。 おたふくかぜは後遺症をきたす合併症を起こすことがあります。ワクチン...
感染症

マスクが危険

いま、マスク着用がデフォルトのような状況となっていると思いますが、日本小児科以下から注意喚起が出ました。 2歳未満の子どもはマスク着用は不要、むしろ危険! ・乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ呼吸...
アレルギー

想像してください。花粉症から解放されたあなたを。

しらかば花粉に悩まされている方 GWを過ぎてからとても辛い時期になりました。くしゃみが止まらない、鼻汁がたれる、鼻がつまって息苦しい。 「嵐」のメンバー5人のうちの4人も花粉症です。 花粉症の治療を受けることで、...
皮膚

水いぼは赤ちゃんとアトピーが危ない

水いぼは、夏に多い、子どもの皮膚トラブルの一つで、ウイルス性の皮膚感染症です。水っぽくてつやのあるいぼができることから、水いぼと呼ばれています。正式名称は伝染性軟属腫です。 水いぼはどんな人がかかりやすく、重症化しやすいか。予防する...
タイトルとURLをコピーしました