帯状疱疹にかかった後にワクチンを打った方がよいか。

皮膚

帯状疱疹にかかったことがあるかた

「50歳になったら帯状疱疹のワクチンを打った方がいいと聞いたけど、帯状疱疹になった後にもワクチンを打った方がいいいのかな?」

この疑問にお答えします。

帯状疱疹のワクチンは50歳以上の方にお勧めです。

ワクチン接種しないと85歳で帯状疱疹発症リスクはなんと50%と言われております。

帯状疱疹の予防は水痘弱毒生ワクチンか帯状疱疹ワクチンシングリックス筋注用(不活化ワクチン)の2種類があります。後者の不活化ワクチンは2020年1月に承認取得されたばかりのワクチンですが、やや高価で、2回接種が必要です。生ワクチンが禁忌の場合には選択肢になります。いずれのワクチンも、50歳以上で推奨しています。

帯状疱疹にかかった後でもワクチン接種した方がよい

帯状疱疹にかかった後でもワクチン接種した方がよいといわれております。かかった後なら健康な人なら細胞免疫が高まるのでワクチンは3年位遅らせてもよいそうです。

帯状疱疹の病変部を触ると水ぼうそうとなってうつることがあります。病変部は乾燥してカサブタになるまでガーゼで覆っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました